プロフィール

三つ星*alnilam*

Author:三つ星*alnilam*
高専卒、国立大学工学部4年生の読書が何よりも好きな理系人間です。
写真を撮るのも大好きです。

中度の難聴持ちでもあります。

詳しくは自己紹介の記事で!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム
名前、メールアドレス明記 の上、送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
ランキング

ランキングに参加中です

応援してくださる方は
クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
リンク
お気に入りのブログ
  • あるの秘密基地
  • ひとりごと
  • クラウドのぐだぐだ部屋
  • スリストの暴走部屋
  • 今夜は異常なし?
  • 1に記憶、2に記録
  • 小さな発見記 ~Small Find Note~
  • 喫茶店「道産子」より
  • Double Spiral
  • 超人を目指すためのブログ
  • 男子大学生の日常
  • 心葉の日常日記♪
  • 高校生のブログ
  • かおつの感情論
  • すえの日記帳
  • ブログのような竹林2号機
  • 管理画面
  • バナーリンク
    (↑momochyさん)
    (↑くろわっさん)
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも申請大歓迎♪

    この人とブロともになる

    本棚

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    難聴について

    さて、今日はほんの少し真面目なお話を。

    以前もちらっと書いた気がしますが私は軽中度(体調などによってだいぶ変動がある)の感音性難聴です。



    さて、日本の聴覚障害者認定と、世界の聴覚障害者認定の間にはかなり大きなさがあります。

    こちらはざっくりとですがWHOの基準です。
    (参考はこちら)

    0 -正常(25dB) ささやき声を聞き取れる。
    1 -軽度(26-40dB) 普通の声を聞き取れる。補聴器が必要であるかもしれない。
    2 -中度(41-60dB) 大きめの声を聞き取れる。補聴器が推奨される。
    3 -重度(61-80dB) 叫び声を聞き取れる。補聴器は必要とされる。
    4 -最重度(81dB以上) 叫び声も解さない。


    次に日本の基準。
    (参考はこちら)


    6級 1、両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
       2、一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの
    4級 1、両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
       2、両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
    3級 両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
    2級 両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)


    まず、ぱっと読んでいただくと、日本の基準がかなり厳しいとわかると思います。
    WHOでは26-40dBで補聴器が必要であるかもしれないと言っています。
    更には41-60dBでは推奨されています。

    ですが、日本では一番軽くても70dB以上でなければ障害者として認められません。
    認められないと補聴器を買う際に援助は一切出ません(市町村によっては軽中度でも補助金が出るところもあるようですが)。
    そして、補聴器というのはかなり高価なものです。

    とても学生の小遣いやらお年玉、バイト代では無理なほど。

    そのため、軽度や中度の難聴だと聞こえにくいままで生活している人がかなりいると思います。
    私もその一人です。
    私の聴力は体調によってかなり変動があるのですが大体35-55dBほど。
    もちろん、音域によってもだいぶ違います。
    私の場合は高音が聞き取りづらく低音は聞き取りやすいです。
    (そのため、女性の声は聞き取りづらい。ささやき声は一番苦手)

    WHOの基準では、私は軽度~中度で補聴器が推奨されるレベルです。
    私自身、補聴器を使用してみたい、という希望もあります。
    ですが親に言い出すのも躊躇してしまうほど値段が高いです。




    そしてもう一つ、軽度~中度の難聴者は周りの理解も得にくいと思います。



    「聞こえるけど聴こえない」
    「聞こえるけど聞き取れない」


    ぱっと言われて理解できる人がどれくらいいるのでしょうか。
    私の場合、音は、声は結構わかります。
    ですが、それが何の音か、何をしゃべっているかを判別するのはかなり大変です。
    特に喋っている人がマスクをしていたり、バックグラウンドがうるさかったりすると一気に聞き取れなくなります。

    ちなみに難聴にも種類があり、ざっくり二つに分けると感音性難聴と伝音性難聴です。
    伝音性のほうは音を大きくすればかなり聞き取りが容易になります。
    ですが、感音性のほうは音を大きくしただけではなかなか聞き取りにくいのです。
    逆にうるさく感じるだけの場合もあります。
    それは、感音性の方は音が歪んで聞こえるからです。
    目で例えれば伝音性は近視。
    感音性は乱視、でしょうか。

    感音性か伝音性かでも聞こえ方はだいぶ違うでしょうし
    更に人によって高い音がダメ、低い音がダメ、ある特定の音域がダメ
    体調によってだいぶ変動がある
    といったように難聴は個人差が激しい障害だと思います。

    また、外から見てわかりにくいものでもあります。


    そのため、自分から言い出せない。
    または言っても理解してもらえない、ということが多々あります。

    自分も友人には未だに言えていませんし、母には言ってもあまり理解されてない感じです。
    私はまだ聞こえる方だとは思いますが、それでもなかなか苦労しています。

    授業中ざわついていると先生の声が聞き取れない
    集会中に話していることなどはほとんどわからない
    学校の、駅の放送が聞き取れない
    教室の中から廊下でなっている非常ベルが聴こえない
    友達と話していると聞き取れない。でも聞き返すのもなかなか難しい。
    英語の聞き取りもです。
    喋ってるのはわかるのですが、日本語にはあまりないいわゆる無声音はほとんど聞き取れません。
    (複数形のsとか)



    難聴のことを一人でも多く知っていただけたら、
    ひとりでも多く難聴に興味を示していただけたら、
    そう思って書きました。



    さて、今日はこんなところで。
    今日ちょっと学校で思うところがあったので勢いに任せて書いてしまいました(笑)

    では、また。
    スポンサーサイト

    Comment

    治す方法は、ないの?

    Re: タイトルなし

    >ちんさん

    私の場合は完璧に治す方法はないです。

    病院行けばビタミン剤やらなんやらもらえますが、あまり効果はないですね~。

    経験あります

    僕は それを20年ちょい 経験しました
    障害者手帳をいただいて 「聞こえない 聞き取りにくい」を言っても 咎められなくなり やっと肩の荷が下りた気分です。
    しかし まだ 悩んでおられる方が大勢 居るのですよね

    なので この経験を生かして 難聴者の現状訴えて行きたいと思ってます。

    同じく

    私も同じような感じです。
    ですが、アルさんとは反対で高音が聞き取りやすく低音は注意して聞かないと聞こえないんです。
    音はわかるんですけどね、なんて言ってるのかまでは(笑

    Re: 経験あります

    >カゼ弾きさん
    コメントありがとうございます。

    親にもなかなか理解してもらえなかったりもしますからね……。
    たくさんの人に難聴がどういうものなのかを知ってほしいと思います。

    Re: 同じく

    > 朧月さん

    コメントありがとうございます。

    そうなのですか。
    どっちも不便ですよねー。

    高音が聞き取りにくいと電子タイマーとかの音が聞こえないし、低音が聞き取りにくいと男性の声とかが聞こえにくそうです。
    音は分かるので反応は出来ても会話をするのが不便だったりしますよね~

    お互い頑張りましょう!


    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。