プロフィール

三つ星*alnilam*

Author:三つ星*alnilam*
高専卒、国立大学工学部4年生の読書が何よりも好きな理系人間です。
写真を撮るのも大好きです。

中度の難聴持ちでもあります。

詳しくは自己紹介の記事で!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム
名前、メールアドレス明記 の上、送ってください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
ランキング

ランキングに参加中です

応援してくださる方は
クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
リンク
お気に入りのブログ
  • あるの秘密基地
  • ひとりごと
  • クラウドのぐだぐだ部屋
  • スリストの暴走部屋
  • 今夜は異常なし?
  • 1に記憶、2に記録
  • 小さな発見記 ~Small Find Note~
  • 喫茶店「道産子」より
  • Double Spiral
  • 超人を目指すためのブログ
  • 男子大学生の日常
  • 心葉の日常日記♪
  • 高校生のブログ
  • かおつの感情論
  • すえの日記帳
  • ブログのような竹林2号機
  • 管理画面
  • バナーリンク
    (↑momochyさん)
    (↑くろわっさん)
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも申請大歓迎♪

    この人とブロともになる

    本棚

    バイトの件とか、バイクとか

    夜更けにこんばんは
    絶賛試験中のあるです

    試験勉強しろよ!といいたい人もいるでしょう。
    してますよ!大学行くからちゃんと卒業しないといけないんですから……!
    息抜きです息抜き。


    さて、現在は、編入試験も終わり、バイトも決まりそう(家庭教師の職がありそう……?)な前期末試験期間中なわけですが……

    今回はバイトとその目的のお話です。
    私はまだ免許を持っていないので、移動の足は徒歩・自転車・公共交通機関しかありません。
    てなわけで、バイト先もちょっと探しづらいのです。

    学生ですので、必然、バイトは夕方から入れるところになります。
    バスが一時間に何本も通っているところならいいのですが、いかんせん田舎でして……
    足は自転車一択です。そうなると、距離が……ねぇ……
    近場でバイト先を探そうとすると飲食店ばっかり。
    飲食店はシフト関係でめちゃくちゃきつそう(友人を見てると)なのでちょっと避けたい……なんて考えているとあっという間に口がなくなります。
    そんなわけでとりあえず、家庭教師の登録サイトで一括登録していたわけなのですが……

    結構かかるかなぁと思ったんですよ。

    ところが、1週間くらいで案内が来ました。
    しかも自転車で5分もかからないんじゃないかというところにあるようで……

    さっそく試験明けの土曜日に協会いって面接してきます。
    履歴書も書かねば!



    ところで なぜバイトをしたいか、なのですが……
    一番は大学へ行った時の足の確保のためです。
    ド田舎にある大学の寮(大学敷地内)希望なので、足がないと日常生活がつらいようなのです。
    ベストは車ですが、さすがに車の維持費は賄えなさそうなので断念。
    冬に使えるかは甚だ疑問なのですが、とりあえずバイクを購入したいと考えています。
    夏はバイク、冬はバス、になりますかねぇ……?

    ということで、バイト代は貯めて、免許取得費用、バイクの車体購入費に当てたいなぁと思っています。
    3月までに幾ら貯まるかはわかりませんけどね(笑)

    もちろん、バイクといえど大型なんて車並のお値段ですので……
    税金や保険も安めの原付二種が第一希望です。
    普通の原付だと制限時速が30キロなのでちょっとやめておきたい(爆)
    パワーもなさそうですしね……

    今ほしいなぁと考えているのは、HONDAのPCXか、同じくHONDANOスーパーカブ110です。
    PCXは若干大きめで座席が高いようなのでちびな私には乗りにくいかなぁ……、というのと、荷物を載せるだろうという面で、現在はスーパーカブに惹かれています。
    割と可愛い色も多いんですよね。
    バージンベージュとか、スマートブルーメタリックとか……!!

    ううーん、取らぬ狸のなんとやら、ですが今から楽しみです(笑)



    まあ、あとは趣味の世界に浸りたいなぁ……なぁんて考えています。
    手芸とか、読書とか、写真とか……
    こっちにいる間にやりたいことが結構あるので、充実した残り僅かな高専生活を送れそうです。

    もちろん、勉強面でも研究が始まるので充実すると思います(笑)



    ではまた。
    試験がんばってまいります。
    スポンサーサイト

    はっぴーな日

    こんばんは。
    あるです。

    今日は台風が近づいているということで私の地域も雨が降ったりやんだりと不安定な天気でした。
    そんな中、なんと行きも帰りも雨に降られないというミラクルの中、三校目の結果が出ました。

    合格でしたよ!!

    希望の学科だったのでうれしいです。
    二校不合格だったのはとても悔しいのですが、理学部には縁がなかったのでしょうね……。
    結果として、現在(高専)と同じ工学部へと進むことになりました。
    その学校ではほとんどが院まで進んでいるということで、私も修士までは行けたらなぁと思います。

    割と立地が悪い学校なので、できれば免許をとってから向こうにいきたいなと思っています。
    さすがに車を所持するのは無理だと思うので、原付二種を……。
    ちょっとほしいバイクがあるのでバイトもして、お金を貯めたいと思います。

    もちろん、高専を卒業するのが一番大事なので、卒研等々まだまだ頑張っていきたいと思います!!
    もうすぐ前期末試験ですしねorz

    まあ、趣味も再開しつつ……
    お勉強もきりきり頑張っていきたいと思います。
    難しいとは思いますが、大学では上位に食い込めるといいなぁ……なーんてちょっと考えているので(笑)

    ではまた。

    三校目待ちです

    こんばんは。
    残念ながら二校は不合格となってしまいました。

    残すところあと一校。
    あした発表です。

    合格していればいいのですが……(苦笑)

    合格していれば終わり。
    ダメなら次は八月終わりごろになります。

    期末もあるし、バイトもしたいし、遊びたいし、終わっていてくれるとうれしいですね!!
    (動機が不純とか突っ込まないでください)
    第三希望の大学ながら、実は就職率は一番良かったりして……
    その大学に行くとほぼ確実に院まで行くので、合格していればさらに4年間学生生活となりそうです。

    まあ、まだ……わかりませんがね……
    合格してればいいな!!
    祈っといてくださいませ(笑)


    では、明日はとりあえず微生物の小テストを頑張ってきます。
    おやすみなさ~い

    受験おわ……っ……?とりあえず活字補給

    こんばんは。
    一か月ぶりくらいでしょうか。あるです。

    受験は予定していた三校すべてを終了しまして現在結果待ちです。

    一校は今日結果発表なのですがどうやらネット速報はないらしく……
    合否通知が届くのを待っています。

    速くて明日か……
    あるいは明後日か。

    これで合格していれば「終わり!」なんですけどねぇ
    落ちていたら二校目の結果を待たずに次の学校の募集要項を取り寄せるつもりです。
    残っているのが旧帝を中心にレベルが高いところが多いので落ちていたら悲鳴を上げるどころの騒ぎではないんですけどね(笑)


    ところで、「一応」受験がひと段落したので読みたかった本を衝動買いしてしまい、ここ2,3日活字の補給をして今潤ってます。
    その中の一冊、山田宗樹の"百年法"は、なかなか考えさせられる本でした。
    不老の技術を手に入れた人間はどうなるか?という主題なんだと思いますが・・・・・

    不老の処置を受けた人間は処置を受けた100年後、自身の人権をすべて破棄しなければならないという法律、いわゆる「百年法」を、処置を開始した時に作るのですが、100年後、大臣を先頭に「死の恐怖」からその法律を凍結する動きが出てきてしまいます。
    その中でも「不老の人間が生き続けたら国は滅亡する」というような過去のレポートがあったために、法律凍結を阻止しようとする人たちもいて……

    というのが第一部でした。
    この後もいろいろと状況が変わり、時が流れ、いろいろな話が展開されます。
    最後の結末は個人的にはハッピーエンドだと思いますが、結局「不老」なんて都合のいい技術は「裏」もあるんだよ、というような話ですかね。

    読み始めてすぐ、もし不老の技術が開発されたら自分は受けるだろうか。
    そう考えました。
    読み始めたときはちょっと受けたいかな、とも思いましたが、最後まで読むと受けたくないと思うようになりました。
    もし百年法があれば、「死ぬ期限」が法律に定められてしまう。元気なまま「死ぬ期限」が近づいて来たら?そう考えたら嫌になります。
    それに、もし百年法が無かったとしても、永遠に生き続けて楽しいでしょうか。

    この本はもう一回読みたいです。
    近いうちに二周目を回って、きっと捨てずにとっておく本になると思います。

    さて、では本の感想を垂れ流したところで、今日はさようなら。
    合格したらまた報告に来ます。

    ではまた。